[スペイン語] 辞書を変える

最初に購入した辞書は、白水社の現代スペイン語辞典、最近買い替えたのが、三省堂のクラウン西和辞典。

両方にはそれぞれ特徴があるので、印象が新鮮なうちにメモ

白水社

  • 訳語、用例の幅が比較的少ない。基本的な訳語が示される。
  • 単語に、参考として相当する英単語が付記されていることがある。
  • 活用形でもちょっとした語尾変化や語幹変化が見出し語にないことがある。
  • 良く使う不規則動詞の活用表が単語の説明に付属している。
  • 活用表番号は連番

三省堂

  • 訳語、用例が少し新しい。よく探すと当てはまりそうなものが見つかることが割とある。
  • 単語に英語の付記はない。
  • 基本単語はカタカナで発音が書かれている。
  • 活用形が見出し語になっていることが多い。(現代スペイン語との比較)
  • 活用表番号は分類あり、x.yのような形を取る。

使ってみた感じで言うと、クラウンの方が自分には向いている。それは、おそらく、辞書の訳語をそのまま使うことが多いという初学者特有の課題を解決してくれるからだ。

クラウンというと、数十年前にフランス語の辞書でも、群を抜いて使いやすい(その頃)入門用を市場に投入したことがあった。スペイン語辞書にもその伝統は受け継がれているようだ。

Anuncios

Responder

Por favor, inicia sesión con uno de estos métodos para publicar tu comentario:

Logo de WordPress.com

Estás comentando usando tu cuenta de WordPress.com. Cerrar sesión / Cambiar )

Imagen de Twitter

Estás comentando usando tu cuenta de Twitter. Cerrar sesión / Cambiar )

Foto de Facebook

Estás comentando usando tu cuenta de Facebook. Cerrar sesión / Cambiar )

Google+ photo

Estás comentando usando tu cuenta de Google+. Cerrar sesión / Cambiar )

Conectando a %s